[Laravel 5.5] リダイレクト専用ルーティング

Laravel 5.5 LTS からルート専用ルーティング Route::redirectが使用可能になりました。これにより、リダイレクトのためだけにわざわざコントローラーにメソッドを生やしたりする必要がなくなり、URL変更時のリダイレクトなどが容易になりました。

“[Laravel 5.5] リダイレクト専用ルーティング” の続きを読む

配列フォームバリデーションの属性名を設定する

フォームバリデーションで配列の入力値を使用する際、その配列の属性名 (attribute) を設定していないと 「member.2.nameは必須です」 のような表示になってしまう。

属性名を設定しておけば通常のバリデーション同様には使える。

“配列フォームバリデーションの属性名を設定する” の続きを読む

Laravel-Mix で HMR を利用する

Laravel 5.4 から採用されたフロントスクリプトのビルドツール、 Laravel Mix では、Webpack の HMR (Hot Module Replacement) がデフォルトで利用できます。

(HMRは)画面の再描画すること無しにJSの変更をブラウザに適用してくれる開発ツールです。
Hot Module Replacementの設定と仕組みを理解する – Qiita

Laravel でこれを利用すると、たとえば Vue コンポーネントの変更がリロード無しに反映できます。

“Laravel-Mix で HMR を利用する” の続きを読む

Vue コンポーネントにモデル (Entity) を渡す

Laravel で Blade テンプレート上に記述した Vue コンポーネントに Laravel の Model を渡す場合。

{{ hoge }}を使うと渡した値は e() によりHTMLエスケープされるが、Vue コンポーネントのディレクティブとしてエスケープされたJSONを渡した場合もちゃんとオブジェクトとしてパースされpropsに入ってくれる。
(そもそもHTMLで属性に e() した値を渡してもエスケープ前の文字列として扱われるから当然といえば当然)

“Vue コンポーネントにモデル (Entity) を渡す” の続きを読む

Markdown メール通知を作成する

Laravel 5.4 より組み込まれた Markdown を用いたメール通知 を作成します。

Markdown Mail Notificationの作成はartisan make:notificationを利用するとViewテンプレートまで自動生成できるのでおすすめです。

今回は、Laravelのデフォルトのユーザー登録時にメールアドレス検証用のメールを送信するという体でサンプルを作成します。

“Markdown メール通知を作成する” の続きを読む

MailCatcher でメールを外部に送信せずにキャッチする

Laravel でローカルでメール送信が行われる作業でメール送信を確認しつつ外部にメールが送られてしまうのを防ぎたい時、MailCatcherでキャッチしてしまうと便利です。

MailCatcher は Ruby で書かれた疑似 SMTPサーバーで、アプリケーションから送信したメールをブラウザで確認できる定番ツールです。

メールをHTMLで表示する以外にもテキストで表示したりメールのDLやソースの表示も可能。

もちろんLaravelだけでなく、メールの送信にSMTPを利用するすべてのアプリケーションに利用できます。

間違って本番のメールアドレスがDBに入っていても顧客にテスト環境のメールが送信されるのを防げます。

“MailCatcher でメールを外部に送信せずにキャッチする” の続きを読む